【大事件】ガーディアンズ 伝説の勇者たちがTVシリーズ化するかもしれない

聞け!!!!!!
ドリームワークスと
ガーディアンズ伝説の勇者たち関連のタグつけて口コミするとTVアニメ化実現に繋がるんだよ!!!!!公式企画だ!!!

 

 

 

こんにちは。
ガーディアンズ 伝説の勇者たち」という作品はご存知ですか?

f:id:sansansansun1:20190216105426j:plain

海外のアニメスタジオ、「ドリームワークス・アニメーション」製作の大作映画です。ちなみにドリームワークスはシュレックとかカンフーパンダとか、あと最近だとボス・ベイビーとか作ってます。世界的にディズニーと並ぶすごい会社です。

 

 

この作品を、なんと製作スタジオのドリームワークスがTVシリーズを検討中」だというのです。

 

 

・・・・震えた。


これがどんなに凄いことかって?

今から説明させてください。お願いします。切実だし大事な事です。
ファン待望の切望です。

そしてまずは同じファンの方に協力してほしい実用的な話もするので是非ご覧ください。

 

 

 【公式企画】
「口コミをしてガーディアンズのTVアニメ化実現に協力しよう!」

 

まず、

↓こちらが該当の原作のウィリアム・ジョイス氏のその件についての告知。

www.instagram.com

 

 

こちら、要約した日本語訳をお伝えします。めっちゃ意訳してるとこもあるけどだいたいこうです。↓

 

ウィリアム・ジョイス

「いつも応援して頂いてありがとう。
ファンの皆さんの意見を聞く事は私にとても意味があった。

今私達は重要な時期にある。
ドリームワークスはガーディアンズTVシリーズを検討中です。

みんな、ジャックについて投稿してくれ。
君の思うRotG(←注:ガーディアンズ伝説の勇者たちの略称。英語題名から略してる。)
について投稿してくれ。
それが君にとって何を意味するのかについて投稿してくれ。色んなソーシャルメディアで。

タグは私の名前william joyceとかBilljoyce)
DreamWorks Animation、
rotg、
JackFrost。
ドリームワークスは見て聞きます。

どうか助けて(手伝って)くれ!!
投稿してくれ!
無視することができないくらいの
ジャック・フロスト旋風を巻き起こそう!

世界中に見せつけて、ジャックを助けて!

 

…だそうです。・・・・・・・・

こりゃあ助けるっきゃねえなぁ~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!

 

 

つまりガーディアンズのテレビシリーズはファンの反応数、反応の芳しさ次第ってこと。つまり自分の発信がジャック・フロストやガーディアンズの助けになる。

 

 

長い間、どうやって助ければいいかわからなかったファンに道を示してくれた。

わかりました!!!!!
今助けるぞジャック!!!
助太刀いたす!!!!!!

 

ちなみに、どこから発信してもいいですが、
公式が見てくれそうな一般ソーシャルメディアは、
Instagram
Tumbler(ブログ)、
Twitter

などです。作者のジョイス先生もドリームワークス公式も登録しているサイトです。

 

ともかく、それらのサイトで

william joyceまたはBilljoyce、
DreamWorksAnimation
rotg

JackFrost

 

という、ハッシュタグをつけて、ガーディアンズへの愛や思いについての語り等を投稿すると、ドリームワークス公式が「ガーディアンズ」のTVシリーズ化検討の材料にしてくれるっていうことです。ざっくり言えば口コミです。

 

もしかしたら「投稿するにしても、自分は英語を話せないけど大丈夫かな…」と心配してる人がいるかもしれないから言おう!大丈夫!日本語でおK!このハッシュタグさえ英語なら!

 

 

翻訳機はあるし、ドリームワークスには日本人スタッフもいるし、なんなら日本語でアピールすると日本のファンの存在もアピールできる可能性だってあります。

日本語が一番ポテンシャルを発揮できる人は何であれ勇気を出してアピールする事が大事です。文明の利器と国際化バンザイ。

 

 

・何故震えるほどの驚きなのか?

 まず、この「ガーディアンズ」、上映、公開が始まる前から
「主人公のジャック・フロストがとても綺麗でかっこいい」って世界で話題になりました。


ちなみに同スタジオの「ヒックとドラゴン」にも参加した日本人クリエイター、
野口孝雄さんもメインキャラのキャラクターデザインを手掛けておりました。

 

 

世界的にも有名なスタジオの作品、魅力的な美少年主人公のこの作品は日本上映予定もあり、あとは順当に上映され、順当に人気を得るだけでした。

 

 

しかし、残念ながらこの「ガーディアンズ 伝説の勇者たち」は日本未公開となりました。

 

 

 

かろうじてビデオスルーとはいえ完全に日本展開は閉じられなかったものの、DVDはあるけど他国じゃ発売されたBlu-rayが無い。

日本語で高画質を見る手段はこちらのような↓ 配信サイトとかから見るといいぞ!

 

ネットフリックス

www.netflix.com

Hulu

www.happyon.jp

 

 Amazonレンタル

 

 未上映?

何故そんな事になってしまったのか?

一言で言うと「途中で配給会社が変わってそのごたごたの混乱でポシャった」です。

先程述べたように、本来公開予定はありました。そう、「不思議の国のガーディアン」として。

(注:たまに国内視聴者の一部で「登場する妖精に日本で馴染みの無いメンバーがいたのが未上映の理由になった」というウワサがたまにがありますが事実無根です。
配給のごたごたさえなければどんな内容でも上映されてました。
だって仮にその説が本当なら、同じくなじみがないけど上映された他の東アジアの国々はどうなの?って話になりますよね?だから文化の違いや映画のせいにはしないでいただきたい!!)

 

 

 

ちなみにこの映画、元は「不思議の国のガーディアン」っていう日本語題名でした。

実は絵本シリーズ(未邦訳)の姉妹作品的存在。絵本と違って舞台が現代。なので絵本シリーズを知らない人も入れるようになってます。

 

 

 

「不思議の国のガーディアン」が上映予定にあった頃のタイトルで、ガーディアンズ 伝説の勇者たち」がDVDリリース後のタイトルです。この変更をどう思うかは皆さん各々の自由です。でも、変更した理由はよくわかりません。(個人的に変更前は語呂の良さと上映を楽しみにしてたあの頃という甘い思い出に浸れてとても良いです)

 

 

本来は予定があった。それだけによりくやしいです。ファンは惜しんで惜しんでしょうがない。日本はドリームワークス作品が公開スルーされる事が世界的に見て信じられないほど多いんです。ヒデエ。

 

 

 

その上諸事情でドリームワークス本社は赤字に。存続すら危ぶまれる事態に。ドリームワークス、ヒット作は多いのですが元々わりと経営難になりやすい構造の会社だったようです…
(注:後に子会社に「ミニオンズ」等のイルミネーション・エンターテインメントがあるユニバーサル・スタジオの傘下となることで存続危機は回避されました)

 

 

 

そのため、わりとコンスタントに映画続編、テレビシリーズを作るドリームワークスにおいてどちらも作られていない作品となっておりました。
(注:人気はあるんです。原作、映画の絵本などの関連書籍は出ていました。英語だけどな!)

 

 

 

当時そういうこともあり、公開された国でさえその冷遇の空気を感じてファンは悲しい思いをしていたんですね…

 

 

しかし、そんな空気を打破する一大事件が起きます。

2019年1月11日(アメリカ時間)、ジョイス先生のインスタグラムで衝撃のお知らせが。そう、先程述べた”本題”です。

「ドリームワークスはガーディアンズのテレビシリーズを検討中」

ですと。

 

 

・・・・・・・奇跡だ。

ええ、なんて言えばこのあっさりと告げられた衝撃の事実を言い表せるのか。ましてや何年も待ってたファンには、

 

青天の霹靂でした。

 

・もし実現したら…?

 同スタジオのボス・ベイビーシリーズも配信されてるネットフリックスに配信され、
日本でも観られるかもしれない。

 

そんな期待を込めてこの情報をシェアさせていただきました。

 

 

さあ、だから、どうか皆さんも一緒に助けてください。

 

 

 

あとDVDが欲しい方は是非どうぞ。現在大特価セール中です。字幕も吹き替えもあるよ。普通DVDって2000円か3000円なのに今や1000円出してもお釣りが出る出血大サービスです。

 

早い話が上映という大宣伝チャンスを奪われてたので在庫に余裕ができちまってるんだよ。


助けて。一つでも買ったり、一回でも観たりしてくださる事が日本展開への後押し、助けになる。

 

他にドリームワークス作品でお好きなものがあった場合もそちらに何かするのも助けになるから。まずレンタルで確かめたい方はそちらもどうぞ。レンタルでも公式にお金は入るから。やったね。

 

 

以上です。お読みいただきありがとうございました。

 

この記事は筆者のnoteに載せた同じトピックを一部改訂したものです。書いてることはだいたい同じだからこちらのはてなブログに目を通しておけば大丈夫です。

note.mu

 

 

 

2019年5月27日追記:続報です。

sansansansun.hatenablog.com